メインメニューをとばして、本文エリアへ

お知らせ

大般若法要を厳修

夜に祖母の結衆密葬が行われた1月14日に、例年通り午前11時から栄福寺のある地域、壇信徒、四国遍路巡拝者の安穏を祈願して大般若法要を行いました。今年は疫病の祈願も。栄福寺では僧侶のみで行うという強い警戒をしましたが、このあたりの対策のグラデーションはあって自然だと思っています。お札は地域の自治会長さん、寺総代さんにお渡ししました。

Photo_3


【栄福寺大晦日・鐘を突く時間変更のご連絡】

例年、除夜の鐘は23:45分頃開始でついてきましたが、
今年、令和2年から様々な状況から判断して
「大晦日のかね」として、
12月31日【午前中】11時頃より
つくことにしました。
来年も同じ時間に開始予定にしています。
 参拝の皆さんにもついて頂ける予定です。
 難しい判断でした。
 様々なご意見はあるかと思います。

201228_3


『空海散歩 第6巻』(筑摩書房)に密成住職が寄稿。

たくさんの真言僧が参加されている空海の名言法話集『空海散歩 第6巻』(筑摩書房)に、密成住職も寄稿しています。割り振られた弘法大師の言葉から、「ある意味で<物>を整えこだわることの大切さ」や「自由に心を遊ばせることと規則の両立」について書いています。

201202


咳(せき)の神様を新調しました。

 住職も子供の頃から「咳(せき)の神様」と呼び、先代住職からも「咳の神様は風邪をひいたり喘息の時に拝むといい」と言われてきた神様の社がいたんでいたので、コロナへの功徳もお願いしたく、軟式テニス部の同級生でもある大工さんに新調してもらいました。
 丁寧な仕事が、有難いです。地元の信仰にも繋がれば良いなと思っています。詳しいお遍路さんは拝んでいることもあります。説明の看板なども必要かも知れませんね。
 栄福寺にお参りの際は、ぜひ手を合わせてコロナへの功徳をお願いしましょう。

201130


11月28日午前10時〜ミシマ社とオンラインの法話ライブ

11月28日(土曜)午前10時〜
ミシマ社のオンライン講座コンテンツMSLive!
として、
「密成和尚の土曜講話ーサタデー・ミッセイー」
を今月も行います。
zoomを使っての法話ライブのような雰囲気で、
今、お伝えしたい仏教の智慧、密教や弘法大師の話などをする予定です。
瞑想、呼吸法体験もご一緒に。

よろしければご参加ください。

申込みはこちらから。
参加費は1650円で、参加の方は見返すことがでできます。

申込みページ。

Photo_2


あいテレビ「よるマチ!」遍路特集、栄福寺にも。

地元・愛媛の「あいテレビ」(TBS系列)で、水曜夜7時から放送中の「よるマチ!」で若い人たちにも遍路を体験してもらう企画を放送中とのことで、栄福寺にも取材に来られました。自分も今、お遍路から力を頂いているので、こういった企画は今まで以上にしゃべりすぎますね。12月2日が放送日です。
   


201107



薬師寺寛邦キッサコさん、栄福寺へ。

同じ今治市に住む僧侶で、臨済宗・海禅寺の副住職であり音楽家の薬師寺寛邦キッサコさんと新しい企画でお会いしました。般若心経cho ver が3000万回の再生を動画サイトで記録し海外までひろがっていることは、報道等で存じ上げていましたが、映像、音への時間をかけた取り組みに刺激を受けました

202207