メインメニューをとばして、本文エリアへ

仏を感じるコトバより

第2回「たとえば君が死んだら」

四国霊場の会合のために松山に行ってきた。

友人の結婚式に着ていこうと思っていた
新しいスーツは、
結婚式とお葬式が重なってしまったため、
長く出番がなかったけれど、晴れてデビューすることができた。

松山の道を運転しながら、

ふと、
信頼していて、
とても好きな友人が何人か頭に浮かんでくる。

彼ら彼女らは、
自分の役割に対して、
とても情熱家だ。

そして、ふと、
もし彼らが今、死んでしまったら、
僕は涙を流しながら、

彼らの意志を引き継ぐ覚悟を、
彼らの亡骸の前で誓うだろうと思った。

そして、
ふとイースタンユースの歌う、
森田童子の「たとえば僕が死んだら」という曲のカバーが、
心を流れてきた。

「たとえば君が死んだら」

僕は、
きっと信じられないぐらい前を向くだろう。

そして、本当に素敵なことに、
今、君は生きているのだから、

願わくば君の亡骸の前で誓うぐらいの強さで、
前を向き、歩き進もう、君の前で。


「じつに人は、ただひとりで生起し、
 また、ただひとりで死ぬ」『菩提行経』


生きる僕は、
生きる君を前にして、

今日も、果たせなかったり、果たせたりする、
約束を契る。


仏を感じるコトバより
ある言葉をきっかけにして、ふと考え始めた事をメモのように、書いておこうと思います。